お墓の維持にはお金がかかる。

子供たちに負担をかけたくない、という方が増えています。

火葬後に細かく砕いた骨を海に撒く海洋葬は、自然葬とも呼ばれます。

自然に還るという、生き物としてもっとも自然な形の葬儀方法です。

しかしいくつかのルールが存在します。

火葬した後の骨をただ撒くだけではいけません。
海中から骨が見つかったらちょっとした事件になってしまいます。
なので専門業者に依頼して細かく粉砕してもらう必要があるのです。



それから、海の上で喪服を着た人が骨を撒いていると、釣りなどをしている人たちからするとあまり気分のいいものではありません。

少し沖に出て、黒っぽい服は避けた方が無難でしょう。

業者が代わりに遺骨を撒いてくれる代理海洋葬が一番格安ですが、遺族の手で散骨したい方には合同散骨という、2~3組で合同で船をチャーターする形のものもあります。
個人散骨の場合、小型の船をチャーターして沖まで船を出し、気兼ねすることなく遺族だけで故人との思い出に浸ることが出来ます。

お墓の場合、年に1~2回程度しか出向くことができない方もいらっしゃるでしょう。海洋葬の場合、海の近くに行けばいつでも故人を思い出すことが出来ます。年忌法要の度にお寺に出向く必要も無く、海の近くで故人の思い出に浸りながら親族で集まる、それだけで弔いになるのです。

千葉の自然葬が最近こちらで話題になっています。

故人を偲ぶメモリアルクルーズを取り扱っている業者もありますが、遊覧船から、散骨をした場所が見える陸地からお祈りするなど、多種多様なお参り方法があるのも、海洋葬の魅力ではないでしょうか。

BIGLOBEニュース情報選びを親身になってアドバイスいたします。

Copyright (C) 2015 新しい葬儀の方法海洋葬 All Rights Reserved.